知って得する楽しいテレビライフ

>

新築の家でテレビを見るためには?

地上デジタルと衛星放送

まだ記憶に新しい出来事ですが、テレビは2011年に、アナログ放送からすべて地上デジタル放送へと移行しました。現在では、地上デジタル放送を見る場合はUHF用アンテナ、衛星放送ならBSかCS用アンテナが一般的です。
アンテナのなかには、いくつか種類があり、最もポピュラーな屋根上に取り付けるタイプから、よりデザイン性の高いものや、屋根裏や室内等に設置できる比較的小型のものまで、それぞれが異なった特徴を持っています。アンテナの特徴をしっかりと把握し、自分の好みと設置条件に合ったものを選びましょう。
大きく分けるとアンテナは、地上デジタルの場合、八木式アンテナ又はデザインアンテナ、衛星放送ならばパラボラアンテナを使用します。

その用途と特徴

デジタル化される前、アナログの時代から使用されているのがアンテナで、一見魚の骨のような形をしていて、主に屋根の上に設置されている、最もよく見かけるアンテナです。
ただ屋外に露出しているので、風雨や雪に影響される事が多く、また鳥が巣を作ってしまったりと、どうしても外的な影響を受けてしまうアンテナです。
次にデザインアンテナですが、これは薄型で平面タイプで、家の外壁やベランダに取り付けることが多く外的な影響を受けにくいのが特徴です。
しかし外壁やベランダは屋根の上と比べると電波が受信しにくい傾向があります。アンテナの受信性能は八木式のアンテナとさほど変わらないのですが、電波状況によっては取り付けができない事があります。
最後にパラボラアンテナですが、これは白く丸い形のアンテナです。一定方向に設置する必要があるので、その方向に障害物がある場合、設置できないことがあります。