知って得する楽しいテレビライフ

>

損をしないための見極め

不正業者を見極めるには

まずは、見積もりをしっかり出してもらいましょう。
不正業者の場合、ろくに見積もりを出さずに工事を開始して、最後に高額請求を行なうパターンがあります。
又、不必要と思える高額製品を勧めてくる業者も避けましょう。
優良業者は少しでもコストを抑えるための提案や作業をしてくれるものです。
さらに何らかの原因で不具合が生じたり破損してしまったりする事があります。
そのようなとき必要なのが保証です。
どのようなアフターフォローが設けられているのか確認するのは非常に大切です。
さて、いよいよ実際に工事をしてもらうのに一番良いタイミングは新居の完成後、入居までの間でしょう。
引っ越しの際、アンテナが完成していれば、引っ越しの業者さんが、テレビの接続までしてくれます。

さて究極のコストダウン

見積もりどころか、工事自体不要なのが室内アンテナです。
品物自体も比較的安価でとても経済的です。
しかし、屋外アンテナに対して、室内アンテナは電波を受信することが難しい事が多々あります。せっかく室内アンテナを設置したのに、きれいに地デジ放送を視聴する事ができない場合があります。
室内アンテナを設置しようと思ったら、買ってくるしかありません、いざ購入して電波がうまく受信できなかった場合でも返品は難しいでしょう。
そんな場合は、まず窓際を試してみましょう。
更にはベランダ、アンテナの方向や高さによっても視聴が可能になるかもしれません。
メーカーによっては電波を増幅させるブースターを使用できる場合もありますので、併せて使ってみるのも方法かもしれません。